本袋帯の染め直し



未使用のまま年月が流れた本袋帯のイメージチェンジのご注文をいただきました。


帯の目引き(染め直し)は色ムラなどが出やすいため、成功する可能性が高い黒染めをいたしました。


今回はムラなどもなく綺麗に仕上がり、お客様にも喜んでいただけました。

本袋帯」とは、表地と裏地が1枚の筒状の生地で織られています。 筒状で裏返しで織りすすめられるため、織りあがるまでは織り手も文様をみることができません。

軽くてしなやかに出来上がるため、とても締め心地の良い帯です。



 

愛知県名古屋市にお店を構えて創業90年を迎える「知田和」は、お客様のご要望に寄り添い、熟練した職人との架け橋になり〔振袖〕〔留袖〕〔訪問着〕〔七五三〕〔お宮参り〕〔和装小物〕などのお誂え(オーダーメイド)をしております。


また、染め、金加工、刺繍、仕立て直し、お手入れなどの悉皆はお客様のご意向を伺い、お客様と共にお誂えの過程を進んでいく事で思い「描いたとおりの特別な1枚を誂える愉しみ」を大切にしております。


婚礼衣裳、茶道華道に適したお着物のご提案もさせていただいております。


ご質問などがございましたらお気軽にメールやお電話にてお問合せ下さい。

閲覧数:38回