top of page

【箔市松訪問着】〈Ver.金〉お誂え

更新日:3月21日

銀座の老舗サロンオーナー様より、訪問着(色違いで2点)のお誂えのご依頼を頂きました。

使用いたします生地は、京都の大塚謹製〈駒無地白生地〉です。


「駒無地」とは、二重組織で織られている無地の紋意匠生地です。

高品質の糸を使って織る凹凸のない無地の生地は、ほんの僅かなキズも目立ちます。キズなく独特の柔らかい光沢や上品な風合いを出すためには、良質な糸を使い、高度な製織技術が必要で、友禅染の最高級素材といわれています。


限られた織り手の技術でないと綺麗に織ることのできない非常に繊細な生地です。


駒無地白生地を無地に引き染めをした後、箔市松加工(透けるほど薄い金箔をずらしながら重ねて貼っていく技法)と言う金加工を施し、訪問着に仕上げてまいります。


こちらはVer.金箔市松です。


地色は砥粉色(とのこいろ)に引き染めをいたしました。













箔市松の金加工が上がって参りました。

これで御納品です。









   



 


愛知県名古屋市にお店を構えて創業90年を迎える「知田和」は、お客様のご要望に寄り添い、熟練した職人との架け橋になり〔振袖〕〔留袖〕〔訪問着〕〔七五三〕〔お宮参り〕〔和装小物〕などのお誂え(オーダーメイド)をしております。


また、染め、金加工、刺繍、仕立て直し、お手入れなどの悉皆はお客様のご意向を伺い、お客様と共にお誂えの過程を進んでいく事で『思い描いたとおりの1枚を誂える愉しみ』を大切にしております。


婚礼衣裳、茶道華道に適したお着物のご提案もさせていただいております。


ご質問などがございましたらお気軽にメールやお電話にてお問合せ下さい。

閲覧数:31回

Σχόλια


bottom of page