金銀霞訪問着のお誂え

更新日:10月3日



春の【知田和展】にご来店いただきました名古屋市在住のお得意様(50代)より、清々しい印象のフォーマルなお着物のお誂えのご依頼をいただきました。


単衣の時期から薄物(絽、紗など)の時期までお使いいただける紋意匠の新作白生地が織りあがり、シャリ感があり絽や紗の生地よりも透けない、軽くて涼しげな生地がございます。

と紹介させていただきましたところ、


この白生地を使用し、薄さびピンク地に霞柄の訪問着をご注文されました。


(上の写真はイメージです)




①薄さびピンクに染め上がってまいりました。


このあと、金銀霞加工に入ります。



②何種類もの金・銀泥 (金・銀箔を粉末状にして、にかわでといて混ぜたもの)を刷毛を使い、訪問着になるよう柄あわせをしながら何度も重ねて霞の柄を描いていきます。


このあと、お仕立てに入ります。



③お仕立てあがりました。

淡彩でありながら、躍動感あふれる霞を施した訪問着は存在感のある上品なお着物に仕上がりました。

 


愛知県名古屋市にお店を構えて創業90年を迎える「知田和」は、お客様のご要望に寄り添い、熟練した職人との架け橋になり〔振袖〕〔留袖〕〔訪問着〕〔七五三〕〔お宮参り〕〔和装小物〕などのお誂え(オーダーメイド)をしております。


また、染め、金加工、刺繍、仕立て直し、お手入れなどの悉皆はお客様のご意向を伺い、お客様と共にお誂えの過程を進んでいく事で思い「描いたとおりの特別な1枚を誂える愉しみ」を大切にしております。


婚礼衣裳、茶道華道に適したお着物のご提案もさせていただいております。


ご質問などがございましたらお気軽にメールやお電話にてお問合せ下さい。





閲覧数:53回