top of page

【白地献上花訪問着】のお誂え

更新日:2月28日


名古屋市在住のお客様よりお孫様(10代)の訪問着お誂えのご依頼をいただきました。


白生地は紋綸子五丈白生地〈紗綾型本紋〉をお選びいただきました。



〈紗綾型本紋〉

「本紋」とは、卍字を斜めに崩して連続文様にした「紗綾形」の上に、「菊」と「蘭」の文様を散らした綸子白生地の地紋のことをいいます。


菊は延命長寿を助け、蘭は善人蘭の如しといい王者の香りがあります。


綸子地は光沢に富んでおり、紗綾形、菊、蘭の柄は晴れ着用生地に最適です。


白生地のまま、袖丈長め(2尺)の訪問着を制作してまいります。





下絵羽をいたしました。


下絵羽(したえば)とは染める前の白生地を裁断して、お客様のご寸法に仕立て上げます。





小下絵を制作いたします。

「小下絵」とは原寸大の五分の一程の大きさで、お客さまに完成品をイメージしていただくための物です。


お客様に小下絵をご確認いただき、草稿の制作に進んでまいります。


「草稿」とは着物の原寸大の下絵です。

草稿の上に下絵羽した着物を重ね、青花で丁寧に下絵を描きます。

青花は水に接すると消える性質を持ちます。





献上花柄は草花や紐の刺繍が施され、古典を代表する吉祥柄です。










刺繍に使われる光沢の綺麗な絹糸です。
















































 


愛知県名古屋市にお店を構えて創業90年を迎える「知田和」は、お客様のご要望に寄り添い、熟練した職人との架け橋になり〔振袖〕〔留袖〕〔訪問着〕〔七五三〕〔お宮参り〕〔和装小物〕などのお誂え(オーダーメイド)をしております。


また、染め、金加工、刺繍、仕立て直し、お手入れなどの悉皆はお客様のご意向を伺い、お客様と共にお誂えの過程を進んでいく事で『思い描いたとおりの1枚を誂える愉しみ』を大切にしております。


婚礼衣裳、茶道華道に適したお着物のご提案もさせていただいております。


ご質問などがございましたらお気軽にメールやお電話にてお問合せ下さい。

閲覧数:121回

Kommentare


bottom of page